食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

横浜市場内に「横浜食肉市場PR館」が開館、市民への訴求強化

 横浜食肉副生物協同組合は23日、横浜市と共催し、横浜食肉市場内で「横浜食肉市場PR館」のオープニングイベントを開催した。
 横浜食肉市場PR館は、横浜食肉副生物協同組合が運営主体となり、横浜食肉市場が取り扱っている全国各地のブランド食肉や新鮮なモツの良さ、同市場の安全・安心な取り組みを市民に知ってもらうため開館したもので、館内には横浜市場外にあった横浜食肉副生物協同組合の事務所も新たに設置されている。
 オープニングイベントでは冒頭、主催者あいさつとして横浜食肉副生物協同組合の高本朗理事長が「このようなPR館を設立することができたのは嬉しい限り。館内には横浜食肉副生物協同組合の事務所も移転するとともに、加工場、調理場も併設している。それによりハマモツの二次加工ができ、市民の皆さまにより一層新鮮で上質なハマモツを提供できると感じている」と述べた。
 その後、高本理事長を始め、横浜食肉市場(株)の山口義行社長、横浜食肉商業協同組合の福岡伊三夫理事長、横浜食肉売参事業協同組合の神崎吉章常務理事などによるテープカットが行われた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top