食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全肉連、HACCP普及推進事業で指導者育成セミナー開く

 全国食肉事業協同組合連合会は、平成29年度食肉流通HACCP普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を23日、東京・港区のTKPガーデンシティ品川で開催した。事業はJRAの助成を受け、食肉処理・販売業者の規模、業態などの経営実態に即したHACCPシステムの普及手法の確立を図るため、導入マニュアルの作成を行うとともに、現場で指導に当たる人材の育成、食肉事業者の啓発、指導および支援を実施していくもの。このうち今回は、HACCP導入に向けて各地域での指導体制を構築し、HACCPに関する巡回指導などを実施するため、指導者育成セミナーを開催。各県肉連の事務局長ら約50人が参加した。
 セミナーでは、公益(社)日本食品衛生協会公益事業部の鶴身和彦部長が「HACCPについて」と題し講演。「HACCPは、これまでの衛生管理とまったく異なるものではない。これまでの衛生管理を基本としつつ、科学的な根拠に基づき、原則に即して体系的に整理することで、食品の安全性確保の取り組みを見える化しようとするもの」であることを強調。導入の必要性、メリット、手順などを説明した。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top