食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

全肉連、HACCP普及推進事業で指導者育成セミナー開く

 全国食肉事業協同組合連合会は、平成29年度食肉流通HACCP普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を23日、東京・港区のTKPガーデンシティ品川で開催した。事業はJRAの助成を受け、食肉処理・販売業者の規模、業態などの経営実態に即したHACCPシステムの普及手法の確立を図るため、導入マニュアルの作成を行うとともに、現場で指導に当たる人材の育成、食肉事業者の啓発、指導および支援を実施していくもの。このうち今回は、HACCP導入に向けて各地域での指導体制を構築し、HACCPに関する巡回指導などを実施するため、指導者育成セミナーを開催。各県肉連の事務局長ら約50人が参加した。
 セミナーでは、公益(社)日本食品衛生協会公益事業部の鶴身和彦部長が「HACCPについて」と題し講演。「HACCPは、これまでの衛生管理とまったく異なるものではない。これまでの衛生管理を基本としつつ、科学的な根拠に基づき、原則に即して体系的に整理することで、食品の安全性確保の取り組みを見える化しようとするもの」であることを強調。導入の必要性、メリット、手順などを説明した。

◆行政・統計

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

 農水省まとめによる令和2年12月の食肉流通統計がこのほど公表され、2020年内の同統計が出そろった。本紙ではこれらをもとに、20年次(1〜12月累計)の牛.豚.馬肉の生産数量を試算した。 それによると、牛の合計と畜頭数は105万1,755...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

石垣牛流通協議会設立総会、植村光一郎氏が会長に就任

石垣牛流通協議会設立総会、植村光一郎氏が会長に就任

 日本最南端の銘柄牛「石垣牛」の振興と向上を図り、ブランド保持、高揚および全国へ消費拡大を促進することを目的に、石垣牛流通協議会の設立総会が4日、東京都千代田区の都道府県会館で開催された。総会は新型コロナウイルス感染対策に万全を期し、50人...
More

◆製品

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

 丸大食品は22日、役員人事、組織変更を発表した。概要は次のとおり [代表取締役の異動](21年6月下旬予定)代表取締役社長(常務執行役員)佐藤勇二〈写真〉▽特別顧問(代表取締役社長)井上俊春〈※6月下旬開催予定の定時株主総会および同株主総...
More
Return Top