食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

全肉生連が賀詞交歓会、正しい衛生や健康情報普及啓発など推進


 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長)は、平成30年新年賀詞交歓会を18日、東京・港区のベイサイドホテルアジュール竹芝で開催した。上野好一副会長が開会の言葉を述べたあと、肥後会長があいさつし「新年を迎えたが、食肉業界においては牛肉価格の高騰、HACCPの義務化、TPPの動向などにより厳しい経営環境が見込まれる。そうした中、当連合会としても食肉販売業者が自主管理のもと、適正な表示を行い、地域に密着した食育、地産地消のサービスの提供、また高齢化社会に向けた福祉増進など、良質な食肉の提供と衛生管理の維持向上を図ることで、消費者に安全で安心な食肉を提供することが必要不可欠。今後も食肉販売事業者、一般消費者に食肉に関する正しい衛生や健康情報の提供、知識の普及啓発に向けた事業の体制確立を目ざすとともに、組合員の繁栄のために福祉共済制度の加入推進を図るため、関係機関などとも連携し、役職員一堂、誠心誠意尽くして事業の運営に取り組んでいく。一層の理解と協力を願う」と述べた。

◆行政・統計

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

 日本政府は15日、テレビ会議形式で行われた第4回RCEP首脳会議で「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」に署名した。同協定は中国や韓国、豪州およびニュージーランドのほか、シンガポールやタイ、ベトナムなどのASEAN10カ国など計15カ...
More

◆トレンド

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

 11月も半ばとなり、例年であれば、出荷頭数が増加してくる10月以降は年末の需要期を前に一旦、相場は緩んでいく時期。しかし、ことしはコロナにより内食需要が底堅く推移していることから、現在も相場は500円超えの展開が続いている。東京食肉市場の...
More

◆国内外の団体

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

 全国食肉事業協同組合連合会、JA全農などは「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを13日から29日まで実施している。毎年8月、11月、2月にキャンペーンを実施してきたこともあり「肉の日」が浸透。今回も国産食肉のおいしさなどをPRし、国産...
More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top