食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全国食肉学校が卒業記念即売会、「牛美豚」開店で勉強成果披露


 公益(社)全国食肉学校は25日、3月2日に卒業を控えた総合養成科第53期学生13人が取り組んだ卒業感謝祭「牛美豚」(社長=南亮太郎学生)を、同学校内で開店した。今回開店した「牛美豚」は、精肉では上州牛のリブロースやサーロイン、ヒレをメインに、上州麦豚などのブランド豚肉も陳列。加工品・総菜では、昼の情報番組「ヒルナンデス!」で、同学校が紹介された際に登場した牛肉100%の切り落としハンバーグをはじめ、良質なベーコンやハム類、大ぶりなサラダチキン、こだわりのカレーなど、精肉・加工品・総菜合わせて計50アイテム以上が販売された。
 店内の装飾についても、インパクトのあるステーキ写真の設置や、牛豚の部位が分かるポスターを配置するなど、顧客目線の空間とした。当日は、早朝から並んだ地元の玉村町および周辺市町村から来店した消費者200人以上が列をつくり、買い物かごに目いっぱい商品を詰める姿がみられた。毎年通っているという男性は「つまみに最適な手づくりのベーコンやハムがとてもおいしい」と語り、隣町からきたという女性は「感謝祭がある日はいつもステーキにしている。ハンバーグも毎年買っているが、安くてこれ以上おいしいものはない」と話した。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top