食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

全国食肉学校が卒業記念即売会、「牛美豚」開店で勉強成果披露


 公益(社)全国食肉学校は25日、3月2日に卒業を控えた総合養成科第53期学生13人が取り組んだ卒業感謝祭「牛美豚」(社長=南亮太郎学生)を、同学校内で開店した。今回開店した「牛美豚」は、精肉では上州牛のリブロースやサーロイン、ヒレをメインに、上州麦豚などのブランド豚肉も陳列。加工品・総菜では、昼の情報番組「ヒルナンデス!」で、同学校が紹介された際に登場した牛肉100%の切り落としハンバーグをはじめ、良質なベーコンやハム類、大ぶりなサラダチキン、こだわりのカレーなど、精肉・加工品・総菜合わせて計50アイテム以上が販売された。
 店内の装飾についても、インパクトのあるステーキ写真の設置や、牛豚の部位が分かるポスターを配置するなど、顧客目線の空間とした。当日は、早朝から並んだ地元の玉村町および周辺市町村から来店した消費者200人以上が列をつくり、買い物かごに目いっぱい商品を詰める姿がみられた。毎年通っているという男性は「つまみに最適な手づくりのベーコンやハムがとてもおいしい」と語り、隣町からきたという女性は「感謝祭がある日はいつもステーキにしている。ハンバーグも毎年買っているが、安くてこれ以上おいしいものはない」と話した。

◆行政・統計

江藤農相、7月豪雨の農水関係被害「全国35道府県で191億円」

江藤農相、7月豪雨の農水関係被害「全国35道府県で191億円」

 江藤農相は14日の閣議後会見で7月豪雨の被害状況について多くの県で調査中とした上で14日6時30分時点で全国35道府県で191億円にのぼっていることを明らかにした。また安倍首相が今年度予算の予備費を活用し、被災者の生活支援などの対策をパッ...
More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top