食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全国食肉学校が卒業記念即売会、「牛美豚」開店で勉強成果披露


 公益(社)全国食肉学校は25日、3月2日に卒業を控えた総合養成科第53期学生13人が取り組んだ卒業感謝祭「牛美豚」(社長=南亮太郎学生)を、同学校内で開店した。今回開店した「牛美豚」は、精肉では上州牛のリブロースやサーロイン、ヒレをメインに、上州麦豚などのブランド豚肉も陳列。加工品・総菜では、昼の情報番組「ヒルナンデス!」で、同学校が紹介された際に登場した牛肉100%の切り落としハンバーグをはじめ、良質なベーコンやハム類、大ぶりなサラダチキン、こだわりのカレーなど、精肉・加工品・総菜合わせて計50アイテム以上が販売された。
 店内の装飾についても、インパクトのあるステーキ写真の設置や、牛豚の部位が分かるポスターを配置するなど、顧客目線の空間とした。当日は、早朝から並んだ地元の玉村町および周辺市町村から来店した消費者200人以上が列をつくり、買い物かごに目いっぱい商品を詰める姿がみられた。毎年通っているという男性は「つまみに最適な手づくりのベーコンやハムがとてもおいしい」と語り、隣町からきたという女性は「感謝祭がある日はいつもステーキにしている。ハンバーグも毎年買っているが、安くてこれ以上おいしいものはない」と話した。

◆行政・統計

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

 農水省は27日、「官民物流標準化懇談会 パレット標準化推進分科会」の中間取りまとめを公表した。 わが国の重要な社会インフラというべき物流は、現在、労働力不足をはじめ多くの課題に直面している。令和3年6月に閣議決定した総合物流施策大網(20...
More

◆トレンド

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 飼...
More

◆国内外の団体

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長=写真)は28日、東京都千代田区の都市センターホテルで令和4年度第1回理事会および第63回通常総会を対面形式で3年ぶりに開き、3年度事業報告や4年度事業計画などの提出議案を原案どおりに承認した。...
More

◆製品

More
Return Top