食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

USMEFがアメリカン・ビーフセミナーでBBQを提案


 米国食肉輸出連合会(USMEF)は11日、アメリカン・ビーフセミナーを東京・港区のザ・プリンスパークタワー東京で開催。今回のセミナーではこれから夏に向けてシーズンを迎えるビアガーデンに向け、「BBQ」をキーワードにしたアメリカン・ビーフの提案を行った。
 初めにあいさつしたマーケティング部門・アシスタント・バイスプレジデントのグレッグ・ヘインズ氏は「おかげさまでアメリカン・ビーフの輸入量は非常に伸びている。2017年は24万t輸入され、前年比で24%増加。とくにチルドビーフは34%の伸びをみせた。その要因の一つが外食産業における〝肉ブーム〟だ。2013年の輸入条件緩和を契機にアメリカン・ビーフをメインアイテムにするレストランの開業や居酒屋の肉バルへの業態変更が相次ぎ、アメリカン・ビーフのかたまり肉のステーキなど、肉料理を中心に提供する店舗が急増している」と述べた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top