食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

USMEFがアメリカン・ビーフセミナーでBBQを提案


 米国食肉輸出連合会(USMEF)は11日、アメリカン・ビーフセミナーを東京・港区のザ・プリンスパークタワー東京で開催。今回のセミナーではこれから夏に向けてシーズンを迎えるビアガーデンに向け、「BBQ」をキーワードにしたアメリカン・ビーフの提案を行った。
 初めにあいさつしたマーケティング部門・アシスタント・バイスプレジデントのグレッグ・ヘインズ氏は「おかげさまでアメリカン・ビーフの輸入量は非常に伸びている。2017年は24万t輸入され、前年比で24%増加。とくにチルドビーフは34%の伸びをみせた。その要因の一つが外食産業における〝肉ブーム〟だ。2013年の輸入条件緩和を契機にアメリカン・ビーフをメインアイテムにするレストランの開業や居酒屋の肉バルへの業態変更が相次ぎ、アメリカン・ビーフのかたまり肉のステーキなど、肉料理を中心に提供する店舗が急増している」と述べた。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top