食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日格協が総会開催、食肉脂質測定装置などの新技術利用を推進


 公益(社)日本食肉格付協会(金井俊男会長)は19日、東京・千代田区のお茶の水ホテルジュラクで第44回定時総会を開催し、平成29年度事業報告、平成30年度事業計画などを報告するとともに、提出全議案を原案どおり承認した。なお、鶉橋誠一理事、中村哲也理事および伊地知俊一監事、鈴木一男監事が辞任したことに伴い、新たに柴山育郎氏および高橋龍彦氏が理事に、強谷雅彦氏および氏里由紀夫氏が監事に選任された。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top