食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カナダビーフ国際機構が北海道では初のセミナーを札幌で開催


 カナダビーフ国際機構(下嶋大介アジア代表取締役兼駐日代表)は18日、「カナダビーフ北海道セミナー2018」を札幌市の札幌グランドホテルで開催。セミナーには道内の流通・外食関係者ら約80人が参加した。下嶋代表は「2017年の対日輸出量は前年比27%増と市場拡大が着実に進んだ。これまでのバラ系部位を中心とした冷凍牛肉から、タンやアウトといった内臓、そして焼き材を中心とした冷蔵牛肉へと取り扱いがシフトしてきている」と説明。さらに「TPP11によって来年には日本市場での関税引き下げが予想され、カナダ畜牛業界としては大きな飛躍を期待している」とした。来賓からはカナダ政府札幌通商事務所の辻尾晋一通商代表がカナダと北海道の交流や今後の貿易拡大の期待などを語った。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top