食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉生連が大分県で全国大会、衛生対策の強化と業界の発展を誓う


 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長)は21日、第59回全国大会を大分市内のホテルで開催。全国から関係者ら約200人が出席した。
 冒頭、肥後会長は「後継者問題など厳しい経営環境が続く中、食品の安全性がより問われている。消費者への正しい知識・情報の提供やHACCPの考え方に基づく衛生対策をさらに強化し組織の充実、活性化を図っていきたい」とあいさつ。
 その後、食肉の生活衛生分野における永年の功績をたたえ厚生労働省医薬・生活衛生局ほか所管の関係団体から56人の功労者を顕彰、受賞者総代として長崎県食肉生活衛生同業組合の一ノ瀬広幸氏は「この栄誉に恥じぬよう業界のさらなる発展に精進する」と謝辞を述べた。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top