食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全国和牛登録協会が創立70周年記念式典を開催、特別記念講演も併催


 公益社団法人全国和牛登録協会(向井文雄会長理事)は21日、京都市下京区のからすま京都ホテルで創立70周年記念式典を開催。全国から生産者を中心とする関係者が300人以上集まり、協会の節目を祝った。また、記念式典に先だち、神戸大学大学院農学研究科教授であり同協会の委嘱委員として育種推進委員会委員長などを務める大山憲二氏を講師に迎え「これからの和牛が歩む道」と題した特別記念講演が行われた。
 大山講師は近代の日本の牛の歴史について説明するとともに、全国和牛能力共進会の歩み、枝肉肉質の変化などについて言及。「過去30年間のデータをみると、和牛の出荷月齢はあまり変化していないものの、重量が約100kg、ロースしん面積が約15平方センチ増加したほか、バラの厚みもアップした。一方、皮下脂肪は減少している。これは世界的にみても突出した成功事例」などと強調。消費者のし好の変化や生産費の推移などについても詳しく説明した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top