食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

魚の代替で新需要創出、食鳥協が加工品と料理の試作試食会


 一般社団法人日本食鳥協会(佐藤実会長)は14日、東京・浜松町東京會舘で、平成30年度「国産食肉等新需要創出緊急対策事業・鶏肉試作試食会」を開催した。今年度、低需要部位を使った加工品の試作で開発された加工品の展示および鶏肉調理法の開発で提案された調理レシピの試作試食会を行ったもの。
 佐藤会長はあいさつで「ことしはここ4年くらい前からの状況とさま変わりし、またムネ肉が余り出している。今回の試作品でもムネ肉の商品が4品入っており、もう一度ムネ肉の消費拡大に向け、一体となって取り組みを進めていきたい」とした。さらに、日本唐揚協会主催の「からあげグランプリ」量販店総菜部門の審査に参加した際に「残念なのは国産を使ったものもあったが、ほとんど他国産を使っている実態があった」として国産使用を促進していくことや「ムネ肉を塩ダレで味付けしたから揚げがおいしく、新鮮な味だった。シンプルに国産のムネ肉を使ったから揚げを普及していけば、ムネ肉消費に貢献できる」と述べた。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

食肉学校が令和2年度入学式、全国から新入生総勢40人迎える

食肉学校が令和2年度入学式、全国から新入生総勢40人迎える

 公益(社)全国食肉学校(重松幸正校長)は7日、群馬県玉村町の同校大教室で、令和2年度の入学式を挙行し、40人(総合養成科1年コース17人、前期コース7人、食肉販売科16人)の学生が入学した。今年度も食肉卸・小売などのプロフェッショナルとな...
More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top