食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

魚の代替で新需要創出、食鳥協が加工品と料理の試作試食会


 一般社団法人日本食鳥協会(佐藤実会長)は14日、東京・浜松町東京會舘で、平成30年度「国産食肉等新需要創出緊急対策事業・鶏肉試作試食会」を開催した。今年度、低需要部位を使った加工品の試作で開発された加工品の展示および鶏肉調理法の開発で提案された調理レシピの試作試食会を行ったもの。
 佐藤会長はあいさつで「ことしはここ4年くらい前からの状況とさま変わりし、またムネ肉が余り出している。今回の試作品でもムネ肉の商品が4品入っており、もう一度ムネ肉の消費拡大に向け、一体となって取り組みを進めていきたい」とした。さらに、日本唐揚協会主催の「からあげグランプリ」量販店総菜部門の審査に参加した際に「残念なのは国産を使ったものもあったが、ほとんど他国産を使っている実態があった」として国産使用を促進していくことや「ムネ肉を塩ダレで味付けしたから揚げがおいしく、新鮮な味だった。シンプルに国産のムネ肉を使ったから揚げを普及していけば、ムネ肉消費に貢献できる」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top