食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「食肉産業展2019」が盛大に開幕、最新の食肉産業を国内外へ発信

 食肉業界における唯一かつ最大の専門展示会である「第44回食肉産業展2019」が17日、東京ビッグサイト西4ホールで盛大に開幕した。「ファベックス」などとの7展合同開催で、19日までの3日間行われる。国内最大級の業務用食品・食材、機器、容器の総合見本市として、食品関係バイヤー7万8千人超の来場を見込む。同展のことしのテーマは「おいしさと品質高める技術力」で、食肉関連業者・団体による魅力あふれる展示ブースが設けられているほか、昨年も好評を博した食肉情報セミナーが会場内特設ルームで行われる。 17日の開幕初日には会場前から多数の来場が詰めかけ、大いに盛り上がりをみせた。開会式では主催者を代表し関川和孝・食肉産業展実行委員長(公益財団法人日本食肉生産技術開発センター理事長)が「食肉産業展は食肉の関連資材を内外からアピールするために、国産食肉製品取引ゾーン、ワールドミートスクエアゾーンが設けられているほか、労働力不足対策や衛生基準の高度化に対応した最新のシステム機器をそろえた食肉加工機器資材取引ゾーンなども設置されている。また、例年好評を博している食肉情報セミナーも開催され、この3日間を通じて食肉産業展が事業者にとっての交流の場・情報収集の場として成果をあげ、平成を締めくくり、食肉産業の新しい時代を切り開くものとなるよう祈念したい」とあいさつした。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top