食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

減少傾向に歯止めかからず—2月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成31年2月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は3万9,391t(前年同月比3.7%減)と減少した。前年2月の生産量は4.1%増と大きく増加していたことからその反動と取れないことはないが、昨年9月以降の減少傾向に歯止めはかかっていない。ことし2月はすべての製品群が減少。一方でその他ハムは依然、1,117t(16.0%増)と2ケタ増を続けている。

◆行政・統計

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

 農水省食肉鶏卵課がまとめた3月の畜産物卸売価格の推移(資料面参照、食肉速報に掲載)によると、豚の全国と畜頭数(速報値)は141万9,100頭(前年同月比6.0%増)となった。豚肉の「極上」「上」は東京が483円(6円高)、大阪が525円(...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top