食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、手引書案を説明

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を17日、東京・港区のアジュール竹芝で開催した。当日は、全国の各肉連から事務局長らが参集。大筋内容が固まり、7月をメドに完成・配布する予定の食肉販売業向けと小規模な食肉処理業向けの「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(案)」について、木村元治専務理事が説明した。10月に消費税軽減税率がスタートすることなども踏まえ、早い段階で手引書の内容などを説明し、普及に向け取り組めるようにしていくもの。
 冒頭、河原会長があいさつし「HACCPの手引書が大方出来上がった。分かりやすい手引書になっているので、持ち帰って組合員に説明してほしい」と協力を求めた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top