食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本食肉輸出入協会が総会、新会長に小穴裕氏(双日食料(株))を選任

 日本食肉輸出入協会(原田健会長)は5月30日、2019年度通常総会を東京・千代田区の東海大学校友会館で開催。2018年度事業報告、19年度事業計画など、上程全議案を承認した。また、任期満了に伴う役員改選では、小穴裕氏(双日食料ビーフ部長)を新会長に選出した。
 総会後の懇親会では、会長を退任する原田氏が「2年前、着任早々に冷凍牛肉でSGが発動され、その後もTPP11、日欧EPAなどさまざまな変化があったが、こうした変化を通じて協会としては一体感が増したのではと感じている」と振り返り、「引き続き日米貿易協議や中国を中心としたアフリカ豚コレラの拡大など変化の激しい時代が続く。今後は小穴新会長にバトンを譲るが、新会長はエネルギッシュでリーダーシップもある。引き続きサポートをお願いしたい」とあいさつ。結びに2年間の感謝を述べると、出席者から大きな拍手が送られた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top