食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

「仙台牛の日」に宮城県・村井知事と地元有名人ら魅力PR

 10月9日は「仙台牛の日」—宮城県は同日、東京都内でチャンピオン「仙台牛」をお披露目する記者発表会を開催し、そのおいしさと魅力をPRした。数字だけを並べると「1009(センキュー)」となり、「仙台牛」を略した「仙牛(センギュウ)」との語呂合わせで、2016年に「仙台牛の日」が登録された。今回、東京でメディアを集めてアピールし、さらなる認知向上と販売促進に向け行ったもの。当日は、宮城県の村井嘉浩知事が出席。また、同県が地元でみやぎ絆大使でもある俳優の黒羽麻璃央さんと芸人のパンサー・尾形貴弘さん、宮城県出身の女優・山谷花純さんといった同県ゆかりの有名人や、大食いビューティークリエイターの木下ゆうかさん、アーティストの安田レイさんらが応援に駆けつけた。
 村井知事は冒頭のあいさつで「霜降りと赤身のバランス、キメの細かさなどの厳しい基準をクリアした、最高ランクのA5、B5の牛だけが仙台牛。キャンペーンも行い、しっかりとPRしていく」と述べ、またゲストとのトークの中で「霜降りを入れるためには良い稲わらを食べさせることが大事。つまり米どころでないとこうした牛はつくれない。市場に出回っているA5の牛の約15%が仙台牛であり、これをさらに20%、30%、50%と伸ばしていきたい」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top