食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が加工研修会を小野商事で開催、腸詰め中心に実演と体験

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)の今年度第1回食肉加工製造技術研修会(初級者向け)が11日、12日の両日、千葉県市原市の「(株)小野商事テストルーム」で開催され、全国から定員枠いっぱいの20人が参加し、ソーセージ製造の研修を受けた。これは、食肉の低需要部位を有効活用して高付加価値製品を開発し、販売品目の多様化を通じて食肉専門店の経営強化を図ることを目的に行っているもの。実際に加工機を設置している作業所で製造実演を行うため受け入れ定員に制限があり、参加できないケースもみられるなど研修会への関心は高く、今回も各地の食肉小売店をはじめ組合員から、多くの意欲ある関係者が参加した。研修内容は、今回の初級者向けが腸詰め中心、来年1月に開催される中〜上級者向けはアウフシュニット(太いソーセージ)をメインに行う。
 今回の講師は佐野友俊氏(一般(社)全国食肉製品文化協会会長、㈲グロースヴァルト代表取締役)、佐野弘行氏((有)グロースヴァルト専務取締役)、松澤州紘氏((有)ぐるめくにひろ代表取締役)、久保弘樹氏(シュタンベルクオーナーシェフ)。本場ドイツで開催される加工品コンテストで国際チャンピオンに輝くなど、いずれも実績のある熟練者で固められた。佐野友俊講師は「初めての人もいると思うが、どんどん質問してほしい」と積極的な参加を呼びかけた。

◆行政・統計

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

 農水省は22日、省内で家畜衛生主任者会議を開催し、令和3年度家畜衛生対策などについて協議した。同会議には各農政局、各都道府県、動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、FAMIC、省内関係部局担当者らなど関係者が参加した。 ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

 神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は22日、「神戸ビーフ・但馬牛応援キャンペーン」を4月26日から5月31日の期間、開催すると発表した。期間中、指定登録店で税込3千円以上「神戸ビーフ」「但馬牛」を購入・喫食すると、抽選で3千人に、6個入り...
More

◆製品

More
Return Top