食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

平田牧場の直営外食店で火鍋の新メニュー提案、金華豚さらに訴求

 (株)平田牧場は15日、直営外食店である「とんかつと豚肉料理 平田牧場 COREDO日本橋店」で「金華火鍋(元氣白潤鍋セット)」を期間・数量限定で新発売した。それに伴い、13日には関係者を招いて火鍋試食会を開催した。
 同商品は、同社で生産する「金華豚」のバラ、カタロース、モツを使った火鍋で、レシピはハリウッドスターの日本ロケにおける付き人料理人や大手スポーツクラブの会員向けレシピなどを監修するフードディレクターの副島モウ氏が手がけた。元氣鍋と白潤鍋の2種類の味が楽しめる火鍋となっており、元氣鍋については19種類の薬膳を使用することによるうまみ・辛み・しびれの三位一体のスープが特長。金華豚モツの滋味あふれる白潤鍋は、台湾の美食家が愛する薬膳スープ『四神湯(すーしぇんたん)』を同社特性の豚骨白湯とオリジナルブランドの薬膳で再現した。試食会では副島氏も立ち会いメニューの紹介をするとともに、同社とのコラボについて「縁あって平田牧場さんと情報交換をする機会があり、化学調味料を使わない火鍋のレシピを苦労してつくったことを話した。その際にぜひ『平田牧場 金華豚』でその火鍋をつくってほしいとオファーがあり、同社の″おいしく食べて健康に!"というポリシーにも共感したことから、外食店のメニューとして提供できることとなった」と新メニュー発売の経緯が話された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top