食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

プリマハム歳暮ギフト、新規ギフトも登場させ105%見込む

 プリマハムは今歳暮シーズンに投入するギフトセットのラインアップを発表した。昨歳暮商戦は、ハムギフトがWHOの報道の影響を大きく受けたが、付加価値商品や自家需要向け加食ギフト・食肉ギフトは一定の伸張がみられたとし、その影響は薄れているものの、ギフト市場自体が急回復を見込める状況ではないと考え、同社ではこれまでの歳暮ギフトと併せて近年注目を浴びつつある自家需要商品にもフォーカスし、新たな需要の掘り起こしを狙っていく、としている。
 同社では「贈る楽しみ・贈られる喜び」にプラスし「自分で楽しむ、気の合う友人と楽しむ」を感じてもらえる商品をラインアップ。中心価格帯はメーン規格が3千〜5千円、こだわり規格が5千〜1万2千円。今季ギフトの売上目標は105%と見込んでいる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top