食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。
 「ホワイト」は燻製ブラックペッパーの香りと風味を生かした、ホワイト仕上げのポークウインナー。ドイツアルプス産岩塩を使用し、72時間以上じっくり熟成させることで肉のうまみを引き出した。
 ホワイトウインナーはしっとりとした口当たりとマイルドな味わいのため、いろいろな料理に合わせやすい特長がある。しかし、スモークウインナーに慣れ親しんでいる日本人にとってホワイトタイプは少し物足りなさがある。そこで、「内側から香る燻製」をコンセプトに、燻製ブラックペッパーを配合した。このブラックペッパーは関節燻製法という製法で燻製されており、ブラックペッパー本来の風味をいかしたままスモークの香りが付与されている。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top