食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食鳥協会が多国籍料理レシピ集作成、低需要部位活用へ8品開発

 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、令和元年度「国産食肉等新需要創出緊急対策事業」により、「広がる料理のレパー鶏ー手軽に作れる『多国籍料理レシピ集』」を発行した。低需要部位をはじめ国産鶏肉の需要拡大に向けて作成したもの。2014〜18年度までは和食料理を主にメニュー提案していたが、昨年度は多国籍料理がテーマ。公益(社)全国食肉学校の協力を得て、同校の佐俣宏紀講師が開発した「モモねぎま丼」(日本)、「ムネオープンスタイルサンド」(米国)、「ムネともやしの本格ピリ辛ナムル」(韓国)、「手羽サキの春雨フォー」(ベトナム)、「手羽モトの豆鼓風味」(中国)、「ササミのゴロッとガパオ」(タイ)、「レバーの赤ワイン煮ハチミツ風味」(フランス)、「砂肝とアンチョビのスパゲティー」(イタリア)の計8品のレシピを掲載している。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top