食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食鳥協会が多国籍料理レシピ集作成、低需要部位活用へ8品開発

 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、令和元年度「国産食肉等新需要創出緊急対策事業」により、「広がる料理のレパー鶏ー手軽に作れる『多国籍料理レシピ集』」を発行した。低需要部位をはじめ国産鶏肉の需要拡大に向けて作成したもの。2014〜18年度までは和食料理を主にメニュー提案していたが、昨年度は多国籍料理がテーマ。公益(社)全国食肉学校の協力を得て、同校の佐俣宏紀講師が開発した「モモねぎま丼」(日本)、「ムネオープンスタイルサンド」(米国)、「ムネともやしの本格ピリ辛ナムル」(韓国)、「手羽サキの春雨フォー」(ベトナム)、「手羽モトの豆鼓風味」(中国)、「ササミのゴロッとガパオ」(タイ)、「レバーの赤ワイン煮ハチミツ風味」(フランス)、「砂肝とアンチョビのスパゲティー」(イタリア)の計8品のレシピを掲載している。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top