食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

和牛の魅力創出技術の構築事業、成果と今後について議論

 日本中央競馬会(JRA)畜産振興事業令和2年度黒毛和牛の魅力創出技術の構築事業・事業推進委員会がこのほど、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。インターネット会議システム「ZOOM」も併用し、ネット交流も行われた。初めに神戸大学の上田修司助教から、昨年度行った事業の成果報告と今年度の取り組みが紹介された。
 昨年度の取り組みとしては、モモ肉の断面をX線CT装置を用いて解析し、組織染色などで分析することで、黒毛和牛には赤身でも乳用牛や海外wagyuではみられない細かな霜降りが入っていることを確認したと説明。しかし、これに至るメカニズムはいまだ解明できていないことから、遺伝子を網羅的に解析し、関係している遺伝子65個を特定。これらの特徴的な遺伝子を現在、大学で分析している。上田助教は「黒毛和牛の遺伝子を特許として守っていく必要がある」とし、データを整理していると話した。モノ不飽和脂肪酸に関わる遺伝子もみつかってきたとしている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top