食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

再び堅調な増加基調に戻す—6月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和2年6月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万7,604t(前年同月比3.7%増)と、再び堅調な増加となった。前月は減少となったソーセージ類が2万6,529t(4.8%増)と大きな伸びとなったことが大きい。ベーコン類は8,132t(5.6%増)となり、前月と同じ増加幅だった。プレス類は1,920t(7.6%減)と減少幅が縮小している。
 6月の家計調査をみると、ハムの購入量は4.3%増、ベーコンは9.0%増、ソーセージは4.1%増と、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、依然として内食の伸びは高い。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top