食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

[加工品仕向肉量・6月]合計数量4.1%増、上期でも前年上回る

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合がまとめた6月の加工品仕向肉量によると、国産と輸入を合わせた合計数量は、3万9,006t(前年同月比4.1%増)と前年同月を上回った。このうち国内物は1万587t(5.8%増)、輸入物は2万8,419t(3.5%増)と、ともに増加。畜種別にみると、豚肉は輸入物が2万6,535t(4.4%増)、国内物は6,473t(7.5%増)と引き続き堅調。合計では3万3,008t(5.0%増)となった。また、鶏肉は輸入物が689t(5.5%減)と減少したものの、国内物は4,002t(3.5%増)と安定しており、合計では4,691t(2.1%増)と前年同月を上回った。さらにシーズンドポークなどを含む豚肉調製品は1万221t(10.7%増)と2ケタ増となっている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top