食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

中畜が施設・機械部会トップセミナー、地方創生、SDGs解説

 中畜の令和2年度施設・機械部会トップセミナーが28日、都内で地方創生、SDGs時代の農業戦略などをテーマに開かれた。セミナーには部会員のほか畜産クラスターに参加する金融機関なども参加し、リモートも含め約100人が参加した。
 セミナーで福島復興再生総局の末宗徹郎事務局長(前復興庁事務次官)は「地方創生の展望」を演題に講演。末宗氏によると、2014年に40年に若年女性人口が5割以下に減少する「消滅可能性都市」が指摘されたことから、地方創生の機運が高まった。これを受けて地方創生に関する法律「まち・人・しごと創生法」がつくられ、同法で人口の減少に歯止めをかけるとともに東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住み良い環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくために、まち・人・しごと創生に関する施策を総合的かつ計画的に実施していくとされた。
 地方創生に関連して人口の都市への集中問題があり、以前から現在に至るまで、就学や就業の際に東京圏に若者が流入する構造となっている。しかし新型コロナによりテレワークの活用が進むとともに、首都圏で地方移住の関心が高まっている。この機をとらえ、東京一極集中の流れが大きく変わっていく可能性があると指摘した。結びに末宗事務局長は「地方自治体だけでなく、それぞれの地域で中核を担う企業がどうすれば自分たち地域が元気になるかという視点をもってほしい」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top