食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉惣菜コン全国大会オンラインで、大臣賞に石川県・徳田さん輝く

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、食肉販売店での新しい食肉総菜の開発を目的に、国産食肉を使用した新たな総菜のアイデアを競い合う、令和2年度「食肉惣菜コンテスト 全国大会」を9日、東京・豊島区の学校法人後藤学園武蔵野調理師専門学校で、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じながら、従来とは形を変えて開催。審査の結果「加賀れんこんの能登豚巻き〜ゆずこしょうタルタルがけ」(写真)を出品した石川県代表の徳田幸子さんが農林水産大臣賞(副賞20万円分旅行券と2万円分お肉のギフト券)の栄誉をつかんだ。これまでに、各県提出のレシピから書類審査で10作品を選定。当日は、この10作品を調理スタッフがレシピどおりに調理し、審査委員による試食審査を行い、各賞を決定した。コロナ禍の中、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考え、例年のような参加者本人による実技審査は行わず、また調理や審査の際も密を回避するなど万全の感染防止対策を講じた。インターネットのZoomを活用したオンライン表彰式も開催し、出品者はネットを通じて参加し、各賞の発表や講評などが行われた。
 コンテストでは、店頭で販売される4パック分の量を、材料費2千円、調理時間60分以内の条件で、一般消費者からアイデア総菜を募集。審査委員は、委員長の江上栄子・江上料理学院院長をはじめ、中村昌次・後藤学園理事、料理研究家のきじまりゅうた氏、グルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしーさんが務め、おいしさや普及性、食肉店で簡単につくれるなどの審査基準に基づき各賞を選定した。大臣賞をはじめ、農水省生産局長賞に福井県・小林拓真さんの「軟骨入りイタリアンチキンハンバーグ」、独立行政法人農畜産業振興機構理事長賞に青森県・小笠原新之助さんの「甘辛オリエンタルチキン チーズフォンデュ添え」、全肉連会長賞に長崎県・松本誠子さんの「豆と麦の肉巻き」、審査委員長賞に岐阜県・西村綾香さんの「豚ミンチで三色肉団子」を決定したほか、10作品以外から審査委員特別賞を選んだ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加え...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top