食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

家庭内消費伸び微増を確保—昨年12月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和2年12月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は5万629t(前年同月比0.7%増)の微増となった。昨年後半は業務用の需要不振で、家庭消費が伸びているのに全体の生産量が減少するという傾向であったが、12月は何とか伸びを確保した。昨年末はギフト商戦が伸び悩む中、業務用は緊急事態宣言でさらに厳しくなったが、家庭用の伸びが大きかったようだ。
 昨年のハム・ソーセージ生産量は家庭用需要の伸びと業務用の不振とのてんびんで、どちらの影響が大きいかで生産量が伸びるか前年を割るかというせめぎ合いであった。年前半は緊急事態宣言で内食が伸びたことから各月前年実績を上回ったが、後半は業務用の不振の影響が大きくなっていた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top