食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

USMEFが外食向けウェビナー(上)バーガー&サンドイッチ提案

 米国食肉輸出連合会(USMEF)は3月29日、「アメリカンビーフを活用したテイクアウト、デリバリー術」と題し、YouTubeのライブ配信によるウェビナーを開催。およそ100人が視聴した。初めに、USMEFの山庄司岳道ジャパン・ディレクターが今回のウェビナーについて「いま外食で非常に重要なテイクアウトとデリバリー、合わせて米国のハンバーガー、サンドイッチもテーマとしている」と説明。さらに今回のようなウェブを活用したセミナーについて、今後も継続的に開催するとした。
 続いて「最強のテイクアウト・デリバリーメニュー アメリカンビーフ・ハンバーガー&サンドイッチ」としてフードリンクニュースの小山裕史編集局長が登壇。小山講師は、テイクアウト・デリバリーの利用頻度が高まっているとし、消費者アンケートの結果「今後も利用を継続しようと考えている人が9割を超えている」と強調。外食の新たな収益の柱になるとした。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top