食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

USMEFが外食向けウェビナー(上)バーガー&サンドイッチ提案

 米国食肉輸出連合会(USMEF)は3月29日、「アメリカンビーフを活用したテイクアウト、デリバリー術」と題し、YouTubeのライブ配信によるウェビナーを開催。およそ100人が視聴した。初めに、USMEFの山庄司岳道ジャパン・ディレクターが今回のウェビナーについて「いま外食で非常に重要なテイクアウトとデリバリー、合わせて米国のハンバーガー、サンドイッチもテーマとしている」と説明。さらに今回のようなウェブを活用したセミナーについて、今後も継続的に開催するとした。
 続いて「最強のテイクアウト・デリバリーメニュー アメリカンビーフ・ハンバーガー&サンドイッチ」としてフードリンクニュースの小山裕史編集局長が登壇。小山講師は、テイクアウト・デリバリーの利用頻度が高まっているとし、消費者アンケートの結果「今後も利用を継続しようと考えている人が9割を超えている」と強調。外食の新たな収益の柱になるとした。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top