食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

7〜12月の牛と畜頭数、前年並みを見込む—alic

 農畜産業振興機構はこのほど、7月から12月までの牛と畜頭数の見込みについて公表した。それによると、合計では前年同期並み、交雑牛は増えるが和牛と乳牛は減少すると見込んでいる。
 品種別にみると、和牛は繁殖雌牛が増頭しており生産基盤回復の動きは継続しているが、0.6%減の見込みとなった。交雑種については、酪農家における乳用牛への黒毛和種交配率の上昇により、3・7%増を見込む。乳用種は雌牛の頭数が回復傾向にあるものの、乳用牛への黒毛和種交配率の上昇や、性判別精液の活用などによる乳用後継牛を確保する動きにより、肉用の乳牛去勢の減少が続くと見込まれることから、1・9%減と予測されている。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top