食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。
 昨年12月の一般募集開始から226作品の応募があり、同協議会と国産純粋種豚改良協議会銘柄豚認定委員会による厳正な審査の結果、大阪府吹田市・中口典子さんの作品が採用決定となった。中口さんは「国産純粋種豚の『命のバトン』が脈々と受け継がれていくようすをデザインした。親豚から子豚へ、またその次の世代へと血統が続いていくさまを、枠外にも続いた命(ハート)のラインで表現している。全面に使用した赤色は、血統や日の丸のイメージで、豚のイラストはなるべく単純化し、日本をイメージしやすい桜のモチーフを配置することで、どんな方にでもひと目で直感的にコンセプトが伝わるように意図した」と述べた。なお、現在ロゴマークは商標登録申請中で、早ければ年明けに登録される予定となっている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top