食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

滋賀県養豚場で国内72例目豚熱発生、殺処分数約1,400頭

 農水省は6日、滋賀県近江八幡市の養豚農場で豚熱の患畜が確認されたことを受け「農水省豚熱.アフリカ豚熱防疫対策本部」を開催し、今後の防疫方針について議論した。
 5日、農場から家畜保健衛生所に対し、飼養豚の削痩(さくそう)、複数頭の死亡、元気消失など、豚熱を疑う症状がみられるとの通報があった。同日家畜保健衛生所が現地調査を行うとともに、遺伝子検査を行ったところ、豚熱陽性となったため、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、6日、動物検疫所で精密検査を実施したところ、豚熱の患畜と判定した。これを受け、滋賀県は、同養豚場の豚約1400頭を殺処分する方針を決めた。国内では72例目の豚熱発生となった。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top