食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「国際養鶏養豚総合展2022」4月27日開幕、スマート畜産Z新設

 国際養鶏養豚総合展運営協議会は4月27〜29日(10〜17時。最終日のみ16時まで)の3日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭2丁目2)で「国際養鶏養豚総合展2022」を開催する。
 今回の総合展では「本物との出会い。世界に誇る養鶏・養豚産業の未来がここに」をテーマに施設、機械・器具、飼料、医薬品、システム、商品の展示、消費者向けの食品(鶏卵、鶏肉、豚肉など)の展示、試食、調理、販売コーナーも併催する。今回から新たに特別企画として「スマート畜産ゾーン」「衛生対策ゾーン」を新設。「スマート畜産ゾーン」は、生産者の担い手不足、生産効率化、労働負担の軽減といった多くの課題を解決するための機器や技術を集めたゾーン。また、「衛生対策ゾーン」は、生活衛生、家畜衛生などさまざまなウイルス対策に効果的な製品や機器を集めたゾーンとなっている。さらに特別講演会(第3展示館イベントステージ)では、東京食肉市場㈱の木村敬専務取締役営業本部長による「2022 変動する豚肉生産と需給動向」と題した講演など、3日間で6講演が予定されている。さらに会期中はさまざまな企業プレゼンテーション(交流センター第3・4・6・7会議室)が実施される。いずれも聴講は無料。
 なお、来場者事前登録を行うことで入場は無料となる。詳細は公式ウェブサイト=https://ipps2022.com/で。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top