全共宮城大会に約42万人来場、各銘柄牛の試食やイベントで大盛況

 昨報のとおり、「第11回全国和牛能力共進会」(主催=公益(社)全国和牛登録協会)が7〜11日まで5日間にかけて開催され、一般消費者を含め5日間合計41万7千人が来場。メイン会場の夢メッセみやぎでは24道県の銘柄牛試食会や展示ブース、各種イベントなどが目白押しで、まさに〝和牛の祭典〟として大きな盛り上がりをみせた。
 そのうち、宮城県食肉事業協同組合連合会では5日間すべての日に、合計1万3千人分(仙台牛、仙台黒毛和牛、ハーブ香草豚)の試食提供を行った。いずれの試食時もブース前は長蛇の列となり、ご当地銘柄をアピールするとともに、地元開催の全共をおおいに盛り上げた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする