食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ボードビアがアイルランド産牛肉、ラムの魅力をセミナーでPR

 ボードビア(アイルランド政府食糧庁)は9月27日、EUとの共同出資のもと「ヨーロッパの牛肉 テイスティングセミナー」を東京・港区の六本木ヒルズクラブで開催。アイルランド産牛肉に加え、今回は日本初上陸となるアイルランド産ラムについても紹介・試食提供され、セミナーや試食を通じてアイルランド産牛肉やラムの特長や魅力、おいしさを参加者にPRした。
 はじめにポール・カヴァナ駐日アイルランド大使が「日欧EPA発効により、アイルランド産牛肉の対日輸出はさらなる伸びが期待される。アイルランドは北半球の牛肉純輸出国であり、今後もEU加盟国として安定的で信頼のおける、持続可能性の高いヨーロピアンビーフの供給国であり続ける」と強調。さらに「ことし6月にはアイルランド産羊肉の対日輸出が可能となったが、政府はさらに幅広い形での対日貿易、投資に意欲的だ。その一例が東京・四谷のアイルランドハウス開設であり、これはアイルランド政府にとって約100年前の独立以来、海外における最大の資本投資だ。また、東京にはボードビアのオフィスも新設された」と説明した。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top