食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

JA飛騨ミート畜産流通フォーラム、購買者・生産者に感謝状贈呈

 飛騨食肉センターの管理運営と飛騨ミート地方卸売市場の卸売業務を行う飛騨ミート農業協同組合連合会は18日、高山市の飛騨地域農業管理センターで令和4年度JA飛騨ミート畜産流通フォーラムを行政、関係機関、肉牛出荷者、購買者、JA関係者らも交えて約100人が出席する中、新型コロナ感染対策に万全を期して開催した。フォーラムでは、牛枝肉多頭購買者などの感謝状の贈呈が行われた。
 式典の冒頭、主催者を代表して谷口壽夫代表理事会長は、「昨年度の飛騨牛の輸出は、EU、米国、香港、台湾の輸出量が順調に増加したことから過去最高の実績となった。コンソーシアムを設立したことで、生産者と輸出業者が連携した輸出体制を構築することできた。また、農林水産物等輸出促進全国協議会から『令和3年度輸出に取り組む優良事業者表彰』の農林水産大臣賞を受賞した」とあいさつ。来賓として、都竹淳也飛騨市長、岐阜県農政部農産物流通課の高木賢二課長、JA全農岐阜県本部運営委員会の山内清久会長、岐阜県肉用牛協会の辻直司会長が激励に駆けつけた。
 同日開催された農協連主催の第17回飛騨ミート地方卸売市場肉牛枝肉共進会せり結果を農協連の永瀬正幸事業部長が発表。(株)わたなべの出品牛が最優秀賞に輝き、せりではキロあたり6,556円で㈱丸明が購買したことをはじめ、上位入賞牛について報告された。そのあと、購買者感謝状贈呈、出荷者表彰状授与が行われた。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top