食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

全農ミートフーズと全農チキンフーズが首都圏物流センター竣工

 JA全農ミートフーズ(株)(木村敬社長)と全農チキンフーズ(株)(坂井達弥社長)は、共同の「首都圏物流センター」(所在地=埼玉県戸田市早瀬1-12-7)を建設し、22日、関係者61人が参加し新施設で竣工式が行われた。これまで両社は同地で、それぞれ異なる施設で営業してきたが、施設の老朽化への対応、近年の首都圏道路網の整備を踏まえた物流の共同化を視野に、共同で物流拠点を立ち上げたもの。新施設は設計段階から約2年、昨年7月から着工し竣工に至った。28日から営業を開始する。両社が共同で施工段階から施設を建設し、開設・運営を行っていくのは初めて。
 神事のあと行われた直会で、全農ミートフーズの木村社長が建設主としてあいさつし、施設の概要を紹介しながら「両社にとって首都圏最大の物流拠点となった。首都圏、とくに東京周辺では高速道路網が完備され、また3年後には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。絶好のタイミングでこの施設が竣工できた。今後、両社の共同配送を視野に入れ、取引先に商品の品ぞろえや物流面で一層のサービスができるように頑張っていく。また、同じ施設の中で同じ全農畜産販売グループの会社が入って事業を行うということで、営業面、販売促進面でもっとシナジー効果が発揮できると考えている」と述べた。全農チキンフーズの坂井社長は、乾杯の発声で「弊社は平成20年にブロイラーインテグレーションのグループ事業の運営を開始してから、ことしで10年目になる。この記念すべき年に基幹の事務所を新設することができ、大変目出たいこと。今後も全農ミートフーズと手を携えながら、事業を大きく前進させていきたい」とあいさつした。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

 日本ハムは1日、レンジ調理対応トレーの「シャウエッセン クラシック(トレイ入り)」と「シャウエッセン 焙煎ホットチリ(トレイ入り)」を発売した。トレータイプの新商品は通常フレーバーと、昨年好評だったホットチリタイプをさらにリニューアルした...
More
Return Top