食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

仙台牛共進会、チャンピオン牛は単価5千円で小川畜産興業が購買


 仙台牛銘柄推進協議会は7日、東京食肉市場で仙台牛枝肉共進会を開催。それに伴い、前日には「仙台牛の集い in Tokyo」を東京・品川区の東京マリオットホテルで盛大に開催した。
 共進会では、去勢55頭、雌15頭の合計70頭が出場。チャンピオン賞には佐々木敏朗さんの出品牛(去勢、A5、枝肉重量=547kg、BMS No 12)が輝き、単価5千円で小川畜産興業(株)が購買した。せり終了後には褒賞授与式がJA全農ミートフーズ本社で行われ、審査講評では「去勢、雌ともに肉量が豊富でむだのない枝肉が多かった。仙台牛というブランドに対しての情熱の証しが成績に反映されたと思う。チャンピオン牛に関しては、枝肉は厚く脂肪は適度で無駄がなく、肉の光沢や締まりも抜群であるとともに、キメの細かさには感心するものがあった」と評された。

◆行政・統計

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

 農水省は、牛肉など新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が顕著な品目について、販売を促進するために国産農林水産物等販売促進緊急対策を実施しており、その名称を「♯元気いただきますプロジェクト」に決定した。ロゴマーク(写真)も決定するととも...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top