食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

仙台牛共進会、チャンピオン牛は単価5千円で小川畜産興業が購買


 仙台牛銘柄推進協議会は7日、東京食肉市場で仙台牛枝肉共進会を開催。それに伴い、前日には「仙台牛の集い in Tokyo」を東京・品川区の東京マリオットホテルで盛大に開催した。
 共進会では、去勢55頭、雌15頭の合計70頭が出場。チャンピオン賞には佐々木敏朗さんの出品牛(去勢、A5、枝肉重量=547kg、BMS No 12)が輝き、単価5千円で小川畜産興業(株)が購買した。せり終了後には褒賞授与式がJA全農ミートフーズ本社で行われ、審査講評では「去勢、雌ともに肉量が豊富でむだのない枝肉が多かった。仙台牛というブランドに対しての情熱の証しが成績に反映されたと思う。チャンピオン牛に関しては、枝肉は厚く脂肪は適度で無駄がなく、肉の光沢や締まりも抜群であるとともに、キメの細かさには感心するものがあった」と評された。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top