食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

[鶏肉輸入予測量]8月は前年比2割減、9月2.5%減


 日本食肉輸出入協会は17日、鶏肉の輸入動向検討委員会を開き、7月から9月までの鶏肉輸入量予測をまとめた。それによると、7月の輸入量は計4万5千t(前年同期比10.4%増)、うちブラジルが3万1千t(15.5%増)、タイが1万2千t(6.4%増)、米国が1,600t(20.6%減)、その他が400t(35.2%減)の見通し。8月は計4万1千t(21.2%減)で、ブラジルが2万7千t(29.4%減)、タイが1万2千t(7.2%増)、米国が1,600t(11.7%減)、その他が400t(48.5%減)。9月は計5万4千t(2.5%減)で、ブラジルが4万t(1.9%減)、タイが1万2千t(0.8%減)、米国が1,600t(22.2%減)と予測している。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top