食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020
年鑑

カナダビーフ国際機構の新会長にマイケル・ヤング氏が就任

 カナダビーフ国際機構は23日、マイケル・ヤング氏が同日付で新会長に就任したことを発表した。同氏は、カナダ産牛肉の市場開発・販売促進委員会とともに、業務計画、プログラム開発、業績評価と報告、人材開発を含む、カナダビーフ国際機構の国内・海外の市場開発と販促分野全般で指揮を執ることになる。
 ヤング氏は牛肉、子牛肉、豚肉の販売、マーケティング、商品開発と商品知識の伝授を専門とした35年間に及ぶ経歴をもつ。その間、カナダ産牛肉の主要輸出先である米国、日本、中国、台湾、韓国、メキシコ、さらに東南アジアや南米諸国を含む世界25カ国で経験を積み重ねてきた。同氏は「カナダビーフチームを率いることは名誉であり、期待で胸がいっぱいだ。全世界に安全で栄養価の高い食品を届けることは、カナダにとって、またほかのすべての国にとっても大切なことだ」と抱負を語るとともに、業界の現状と新たなチャレンジについて「私たちの業界は国内、海外ともに激しい競争にさらされている。カナダビーフ国際機構が市場でのチャレンジに挑み、さらには新たな機会を得られるよう、私自身の能力を生かし、情熱を注いでいきたい」と意欲を述べている。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top