食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

カナダビーフ国際機構の新駐日代表に清冨一郎氏が就任

 カナダビーフ国際機構は16日、清冨一郎氏が同日付で日本と韓国の責任者であるシニアディレクター(駐日代表)に就任したことを発表した。同氏はこれまで27年以上にわたり、世界的な食品取引の分野において、食肉販売、マーケティング、調達および組織管理の責任者として経験を積み重ねてきた。マイケル・ヤング会長は同氏の就任について「長年の経験をもとに、与えられた任務を十二分に果たしてくれるものと確信している」と期待を寄せている。今回の着任により、清冨氏を責任者とするカナダビーフ国際機構チームは、鬼沢裕子アソシエートディレクター、遠山貴子シニアオペレーションズマネージャーを含む新体制となる。同機構では、日本のビーフ関係者、カナダビーフ産業メンバーとともに、CPTPPを通じてさらなるカナダビーフの市場拡大に向けて注力していく方針だ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ...
More

◆製品

More
Return Top