食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カナダビーフ国際機構の新駐日代表に清冨一郎氏が就任

 カナダビーフ国際機構は16日、清冨一郎氏が同日付で日本と韓国の責任者であるシニアディレクター(駐日代表)に就任したことを発表した。同氏はこれまで27年以上にわたり、世界的な食品取引の分野において、食肉販売、マーケティング、調達および組織管理の責任者として経験を積み重ねてきた。マイケル・ヤング会長は同氏の就任について「長年の経験をもとに、与えられた任務を十二分に果たしてくれるものと確信している」と期待を寄せている。今回の着任により、清冨氏を責任者とするカナダビーフ国際機構チームは、鬼沢裕子アソシエートディレクター、遠山貴子シニアオペレーションズマネージャーを含む新体制となる。同機構では、日本のビーフ関係者、カナダビーフ産業メンバーとともに、CPTPPを通じてさらなるカナダビーフの市場拡大に向けて注力していく方針だ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加え...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top