食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

国産豚肉は海外産に比べ物性など優れる—食肉科研が肉質評価事業

 一般(社)食肉科学技術研究所(川島俊郎理事長)はこのほど、JRAの助成を受けて2019〜20年度に実施した「海外・国産豚肉肉質評価等推進事業」の報告書をまとめた。事業では、国産(銘柄豚、三元豚)と海外産(北米産、欧州産)の豚肉の肉質の違いを科学的に明らかにするため、食味試験(官能評価)を実施。国産は軟らかさ、多汁性、繊維感(噛〈か〉みごこち)、強いうまみ、脂肪に由来する甘い香りなど、物性、味、香りの観点からバランスが良く全般的に優れていた。中でも国産銘柄豚は総合評価で最も高く、とくに焼いて加熱したあとの水分損失が少ないため多汁性があり、食肉らしい食感を生み出す適度な繊維感があるなど、物性に関する要素に優れていることが判明した。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top