食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本食肉市場卸売協会が総会、小川会長「コロナ禍で経営環境厳しく」

 公益(社)日本食肉市場卸売協会(小川一夫会長)は6月30日、都内で第61回定時総会を開催。コロナ感染防止の観点から、総会は最小人数の出席で行われ、令和2年度決算などの全議案が承認された。また、任期満了に伴う役員の選任では理事に小川会長らを選任したほか、新任の理事として山口靖則氏(㈱群馬県食肉卸売市場)、同じく新任の監事として田中達夫氏(大阪市食肉市場㈱)を選任。役付については書面決議にて後日決定する。小川会長(写真)は「昨年はコロナの感染対策に追われた一年となり、衛生対応を徹底しつつ、厳しい市場運営の継続を余儀なくされた。消費マインドは冷え込み、牛肉価格は春から夏にかけ低迷。経営環境は大変厳しい状況となった」と昨年を振り返った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top