食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京しまね和牛枝肉共励会意見交換会、松永牧場が最優秀賞

 令和3年度東京しまね和牛枝肉共励会の褒賞授与式および報告会がこのほど、島根県出雲市内で開催された。例年、東京食肉市場で行われてきたがコロナ禍の感染リスクなどを鑑みて、今回、現地では枝肉せりのみ実施。地元に戻っての褒賞授与、意見交換会の運びとなった。会には県の有力和牛生産者が一堂に集結。共励会で最優秀賞を受賞した松永牧場をはじめ、入賞した各農場代表に褒賞が授与された。そのあと、東京食肉市場とリモートで結んで実施した報告会・意見交換会では、全体の平均肉質等級や出荷月齢などの総括のほか、各生産者による情報交換など、きたんのない意見が交わされた。
 報告会の冒頭、実行委員長である(株)松永牧場の松永和平社長(写真)が「コロナの影響で2年連続して生産者も行政の方がたも東京に行くことが難しく、市場関係者・購買者の皆さまとの意見交換もできない。自分が生産した枝肉をみることも叶わず、悲しい共励会だった。来年こそは生産者、行政一緒にみんなで盛大に共励会ができたらと願っている」とあいさつ。
 また、「A5等級が31頭、BMS NO.10以上が19頭、上物率が96%という高い結果は、皆が共励会のためにきちんと育ててきたということ。こうした成績が今後も出せるように、切磋琢磨して腕を磨いていきたい」「とくに今年度は肥育素牛を島根県産に限定する"島根生まれ、島根育ち〟の和牛48頭をそろえることができた。こうした取り組みを続けることによって東京市場でしまね和牛の評価が少しでも高くなることを願っている」と、出品牛全体を生産者の立場から総括した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top