食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

カナダビーフ国際機構がインスタライブ、長田絢さんが料理デモ

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は18日、インスタグラムで人気料理研究家の長田絢さんによるカナダビーフのレシピを紹介するインスタライブを開催した。カナダビーフ国際機構では、コロナにより家で過ごす時間が増えている中、カナダビーフを使用したさまざまなレシピをSNSなどで発信。消費者にカナダビーフの特長や安全性も訴求している。
 今回のライブでは、長田さんが「カナダビーフステーキ〜いちごのローズマリー風味ソース〜」、「カナダビーフ100%パテのハンバーガー」の2品を調理。ステーキをおいしく焼き上げるポイントやカナダビーフの特長などを説明した。視聴者からはリアルタイムで「とてもおいしそう」「実際に食べてみたい」などのコメントが次つぎと寄せられた。
 長田さんはカナダビーフについて「肉質が非常に軟らかくて赤身がしっかりしており、鉄分もたっぷり含まれている。ヘルシーで美容にもよく、アスリートにもお勧め」と強調。さらに「クセも強くないので、どんな料理にも合わせやすい。塩こしょうでさっぱり食べてもおいしいし、こってりとした味付けにも合う。季節に合わせて味を変えて楽しめる。また、コスパもすごく良いので、おなかいっぱい食べてもらいたい」とPRした。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top