食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

2017近江牛グランプリ枝共、GCは元三フードが5年連続購買

 滋賀県全土から各団体・地域の枠を越え、上質な近江牛を集めた「2017近江牛グランプリ枝肉共進会」が13日、(株)滋賀食肉市場(望月常司社長)で開催された。出品された近江牛58頭の中から、高井和紀さんの出品牛が栄えあるグランドチャンピオン(GC)を獲得。枝肉せりで元三フード(株)がキロあたり6,505円で落札した。
 出品牛(雌26頭、去勢32頭)の平均枝肉重量は雌496.8kg、去勢546.8kg。格付は全体の79.3%が肉質5等級で、BMS No.12が13頭、 No.11が6頭、 No.10が7頭と「近江牛グランプリ」の冠にふさわしいハイレベルな近江牛がそろった。
 GC枝肉は父牛「安福久」、母父「忠富士」、2代祖「福桜(宮崎)」の雌。枝肉重量528kg、BMS No.12、ロース芯面積が109平方cm、バラ厚が8.1cmでA5等級。審査講評でも「脂肪質が良く、厚みのある枝肉で筋間脂肪のむだもなく、ロースはもとより、キメ、締まりにも優れており、満場一致でGCにふさわしいとされた」と称賛を受けた。出品した高井和紀さんは近江八幡市大中で黒毛和牛約120頭を繁殖・肥育一貫で飼養する生産者。同共進会では初受賞。「最後まで食い込みが落ちず、ある程度手ごたえはあったがGCが獲れるとは。これからの仕事に大きな励みになる」と喜びを語った。

◆行政・統計

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

 農水省が18日現在で公表した台風19号被害状況によると、被害数は家畜が12万2,573頭羽(被害額3千万円)、畜産用施設が43件(8千万円)、農業・畜産用機械が1件(2千万円)にのぼっている。林野、水産を合わせた農林水産全体の被害額は38...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和元年8月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,197t(前年同月比0.5%増)とわずかながら増加した。ことしに入って減少傾向が続いていたが、ここへきて2カ月連続...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top