食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全共宮城大会に約42万人来場、各銘柄牛の試食やイベントで大盛況

 昨報のとおり、「第11回全国和牛能力共進会」(主催=公益(社)全国和牛登録協会)が7〜11日まで5日間にかけて開催され、一般消費者を含め5日間合計41万7千人が来場。メイン会場の夢メッセみやぎでは24道県の銘柄牛試食会や展示ブース、各種イベントなどが目白押しで、まさに〝和牛の祭典〟として大きな盛り上がりをみせた。
 そのうち、宮城県食肉事業協同組合連合会では5日間すべての日に、合計1万3千人分(仙台牛、仙台黒毛和牛、ハーブ香草豚)の試食提供を行った。いずれの試食時もブース前は長蛇の列となり、ご当地銘柄をアピールするとともに、地元開催の全共をおおいに盛り上げた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top